ビジネスに風俗は必要不可欠!?

太もものむっちり感が凄く良かった

太い女の子はそんなに好きじゃない自分ですけど、この前の風俗嬢はかなり良かったです。まぁ彼女も別に太っている風俗嬢ではないんです。ただ、昔運動をしていたのか、太ももがパンパンだったんですよね。それが素晴らしいなと(笑)あのパンパンさが男心を鷲掴みにしました。太い訳じゃないんです。運動部特有というか、それが自分の中でツボだったんですよ。あれだけパンパンな太ももの持ち主は今までの人生でさえ記憶にないんです。しかも太っているパンパンじゃなくて健康的なパンパンさだからこそ、自分も彼女に心を奪われたんじゃないかなと(笑)あの太ももにだったら締め落とされても良いって思ったほどですしね。そこがまた自分の中で大きな衝撃だったんですよ。太い=デブっていう印象があったんですけど、必ずしもそうではないんだなって。むしろあんなに健康的な太ももだったら、自分自身、もっといろいろと楽しみたいなって思ったくらいなんですよね。

気持ちを落ち着かせるためのもの

風俗は娯楽というよりも、自分の中では気持ちを落ち着かせる溜めのものと言った方が良いのかもしれません。女の子と個室で二人きりの時間を過ごすと、それまで心の中で溜め込んでいたものをすべて発散出来るような気がするんですよね。これって風俗だけですよ。他では味わえない気持ちなので、風俗は気持ちを落ち着かせるためのものっていう印象が強まっています(笑)もちろん他にもいろいろな効果があるとは思うんですけど、自分の中で思ったのは、やっぱり風俗の良さというか、気持ちを落ち着かせるためのものではありますけど、その一方でそれはあくまでもフィニッシュしてからであって、フィニッシュまではドキドキしているんです。そして、選ぶ女の子によってドキドキだって変わってくるじゃないですか。それが魅力なんじゃないかなって思うんですよね。だから風俗ではホームページを必ず見るようになりました。女の子のチェックもまた、重要なことだなって。